nyny22cmもえぶた雑記 2006.12〜

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.10.18 Saturday ... - / -
#仏壇

49日までにお位牌をつくらないといけないということで、となるとやっぱりお位牌を入れるお家もなきゃいけないということで、仏壇見てきたわ。
セール期間だったから20〜30%オフになるといってもいろんなものを揃えると35万円ぐらいになるのね・・さっくんがいくら残してくれたのかわたしは知らないし(訊く気もない)、仏壇の相場がどんなもんなのかも謎。材質やつくりによってピンキリだとはおもうんだけど、
えっ、コレで70万なんだぁ・・・・・・・なぜ?
みたいなものがずらーり。

上置きのアリス18号がいいなとおもったけど、お線香あげるときに仏壇がおへそよりも上の位置ないといけないということで上置きだと自動的に仏壇を置く用の家具が必要になる。なので仏壇屋さんのあとは家具屋を2軒はしご。
が、もうふたりとも疲れきってしまって上置きにこだわることなくね??という空気。

帰宅後ネットで仏壇見てみたら店舗で見た値段の半額だったり、それ以下だったりと安いのねー。
アリス18号をのせる用のテーブルも探してみたり。無印の19,000円のやつが色もサイズもぴったりだったけど、実際のせてみて「アレ?」ってことも充分にあるんだろう。
いまいち良し悪しがわからないまま仏壇探し1日目終了。
近日別の店舗に行って物色する。

書類関係が終わりに向かいつつあるのに、つぎは仏壇・・。
次から次へとやること出てきて故人を偲ぶヒマなどない。

rps20121014_225304.jpg

rps20121014_230628.jpg

ひつじして仏壇屋に向かう光景。


さっくん死んじゃってからというものの、
ごはんを食べると吐き気→パニック発作
この流れどうにかしたいんだけどどうしたらいいんだろ。
おなかは空くし食べることに抵抗はないんだけど食べ終わってしばらくすると気持ち悪くなってしまって動悸はするしただただ恐怖だしもぉぉぉぉぉ、面倒クセっ。胃が悪くなってる感じでもないから、心的なものなのかなー・・。
たくさん色んなことが変わってしまったよ。

夢見も悪く、夢占い読んでみると、
「不安」「大切ななにかを失う不安」「ストレス」
まいにちこんなキーワード読まなきゃいけないの?もうあの本開くのも嫌(゜-゜)
さいきん見た夢。
ひったくりにあう。知人を批難しまくる。突如白髪になってしまう。ずっと奥歯が腫れて痛い。インコが逃げる。自転車で転ぶ。知らないひと数人から怒られる。



・・・助けて。
2012.10.14 Sunday ... comments(2) / -
#葬儀と親戚と友達

9/28、29、30(金土日)

rps20121007_180523_740.jpg

喪服を持っていなくて(あ、もちろん靴も鞄も)一応持ってきたおばばの喪服。
2サイズでかいからぶかぶかでなんだかみっともないのでコレ着てみたあとしまむらまで喪服を買いに行った。安い。鞄も調達。

rps20121007_182917.jpg

25歳にして喪主をつとめた弟はしっかりしているが小さいころからとても自由で、早朝から息子を連れ競馬場へ。朝早すぎて開いてなかったと言っていた。

でもやっぱり数日間の流れを思い返すと、弟はえらかった。頼もしい男だった。

rps20121003_015526.jpg

左から、甥2、甥1、わたし、イトコ。
20年前は右ふたりも左ふたりの様だったのにねー!おぉ、時の流れ・・!

ホテルでも父の実家でもなく二晩を葬儀場の宿泊施設で過ごした。初めての経験新鮮。
「泊まる場所は葬儀場」と叔母からはなしを聞いたときはただただ嫌だったけど、単純に、便利なもんだなという感想。父の顔をいつでも見に行けるし、自然と誰かが待機していられるし、葬儀のことでわからないことがあったときにスタッフさんにすぐに質問できるという利点だらけ。どこの葬儀場も宿泊施設は完備してあるんだろうか。

そして、親戚がぞろぞろと集まってきて気づく、とにかく男が多い。
イトコも弟の子供も男ばかりだ。

rps20121007_184344_968.jpg

rps20121009_011035.jpg

ぜんぜん子供好きじゃないわたしらの部屋にやって来てきゃっきゃする空気の読めなさすげぇ。

rps20121007_183551.jpg

夜、甥ふたりと遊ぶ図。

5日間ほどいっしょに過ごして改めて子供って残酷だー、無邪気って残酷だー。
子供のそういう野蛮で無邪気でほとんどのことを理解してないところを好きな大人が大多数なのかもしれないけど、どうにも好きになれない。すっげー嫌いなわけではなく、そういう生き物が苦手なんだとおもう。眉間にシワ寄せちゃう感じ。
哀しいとか寂しいとかつらいとかああもうキッツいとか(負の感情というのかな)、経験してるひとが・・好き?ということなの?べつにそういうことを言いたいわけではないんだけどな。
(しかしわたしのこの楽しそうな様子は辻褄が合わない)

もちろん子供だって哀しく寂しい思いは知ってるんだろう。
と、むずかしく頭でいろいろ考えてしまうから子供が苦手なんだろうなー。

子供と食事を摂るときまってなんとなく具合が悪くなるのはなんなんだろう。

rps20121007_185155.jpg

父方イトコと母方イトコという今後きっと会うことはないだろうという組み合わせだったので撮ってみた。
右イトコが、ネクタイの結び方がわからないっつうことで左イトコに教わっている。

rps20121007_184040.jpg

無邪気で残酷な甥2。父に似ててちょっと嬉しい。

rps20121009_012659.jpg

我が家。

兎にも角にもゲームゲームゲーーーム!!ずっとゲーム。
朝起きて「ゲームやりたい」
朝ごはん食べ終わって「ゲームやりたい」
風呂に入れと叱られても「やだゲームやってたい」
どっか出掛ける?と誘われても「行かね。俺ゲームやってる」

そしてゲームのあいだじゅう兄弟はケンカをしてる。3日間甥2の泣き喚く声で目がさめた。
うまく書けないんだけど、兄ちゃんは賢いなー。
2日目の夜はわたしと母と甥1しか家にいなくて遊び相手は必然的にわたしになったのだけど、わたしも充分遊んでもらった。
この子の良さをようやく理解できて嬉しかった。

rps20121009_013150_767.jpg

で、ゲームね。

敢えて買い与えていないのかなんなのか、DSが1つしかなく常に取り合いのケンカ。
3、4歳は最初の反抗期だからと言っていたけど甥2の反抗ぶりには参った。わたし自身は直接関わるような反抗はされてないのになんだろこの精神の衰弱。

しょうがねーなーってことでコイツらのおばばにあたるわたしの母が3DSとソフトを買ってあげていたよ・・。
甥1に3DS、甥2にソフト(古いDSを甥1から譲りうけた)。弟がどうにか言い聞かせてこういうところに着地したらしい。その様子、見ていたかったな。
兄弟も家族も、おもしろいもんだなー。


思い出すままに。

・父が亡くなる数日前から、わたしと母と叔母はろくに眠れていなくて、そのまま福島の葬儀場へ行ってばたばたとすべてを終え、そのまま甥2人もうちにやって来たもんだからなかなか熟睡できなくて、なんだかずーっとぼうっとしてた。

・仙台に帰ってきて4日後だったか、気がぬけたのかパニック発作がちょこちょこ出るようになってかなり焦ったがなんとかかんとかすり抜けてだんだん食べられるようにもなってきたしお酒入れば元気そのものだ。35kg台まで落ちてたのにはびっくりした。
葬儀のとき「そんなんじゃ拒食症になっちゃうわよ!」と、どこぞのおばさんに指摘され「えへへ、それはもう治ったんです」なんて言えないし笑うしかない。たしかにあの中でわたしがいちばん病人のようだった。

・父が亡くなった当日、友人mが仕事終わりに父の顔を見に来てくれた。m号泣。
お線香もあげにきてくれて、そのまま3人でお酒を飲みいろんなはなしをした。なんて良い子だろうとひたすら感心。

・シュール過ぎて笑っていいものか今もよくわからない話。
父が亡くなった翌日に急に葬儀屋さんが来ることになってしまい、最後顔だけ見てやってくれと夜中にゆたんに連絡をしていて、葬儀屋さんが急だったからゆたんもかなり急いで駆けつけてくれた(んだとおもう)。
ふつうエレベーターには棺が入るように扉がついてるらしいんだがわたしの住むマンションにはその扉がなく、雨降るなか葬儀屋の男性ふたりと、弟とゆたんの4人が父の遺体を階段をつかって6階から下まで運ぶという作業があった。作業というか、コレはもうちょっとしたサプライズで事件だなと思いながらも泣いた。
ゆたん、元カノの父の遺体を運ぶ。
葬儀屋さんと居合わせなかったらゆたんだってこんな目に合わずに済んだのにな・・とも思ったけど、居合わせてしまうのがゆたんなんだよな。

・福島に行っているあいだインコの餌やりどうしよう?
「俺にできることならなんでも言ってね」の一声を思い出し、せんせいに、「インコの餌やりお願いします」の連絡。快く引き受けてくれて助かったー、ありがとう。福島に発つ1時間前にうちにやってきてくれ、こんな感じですと餌やりの説明をし、ツタヤ経由で駅まで送ってくれた・・有り難いなぁ。



すごくさみしいけど、感謝の気持ちで溢れてるよー。

rps20121007_175851.jpg

鳥も元気だよー。
2012.10.09 Tuesday ... comments(0) / -
#写真

9/23(日)から。

rps20120924_180530.jpg

お彼岸。弟が1泊しにきた。
父との最後のお酒となった。父、焼酎をおいしそうにのんでたなぁ。
昔からわたしのことよりも弟のことを可愛がっていたので、弟の帰省はうれしかっただろう。

rps20120924_180950_519.jpg

会うたびに高速で老けゆく弟。11月に3人のパパになる。
このときは父とふたり競馬のはなしをしてた。だよね、わたしとじゃ競馬のはなしでは盛り上がれないよね。

そうそう、母ですら父との共通の趣味がなかったというはなしをした。強いて挙げるなら、パチンコ、と。言うまでもないけど、わたしは父との共通の趣味なんてひとっつもなく、つよくつよく強いて挙げるなら野球。かなり無理があったけど、ここ2年は野球のはなしをしてた。わたしも喋るほうではないけど父の無口は筋金入りで、話し掛けることなんて全然なかったなー。

けっきょく最後のさいごまで、はなしという話をせずに逝ってしまった。
が、ふしぎなもんで後悔してるという感じでもないんだ。そういう父娘だったのだから、そういうものなんだろうと。生きてるあいだにやたらにわたしに話し掛けられても「あー、俺そろそろなのか」という不安を煽ったんじゃないかとおもって、敢えて27年の普段どおりを貫いた。
ということにしておこう。

rps20120924_180720_240.jpg

弟とふたり、卓球をしてきた。(何年ぶりだろ!
爆笑の渦。

弟もわたしも運動神経には優れていて、とくに弟は水陸球技なにをやってもソツなくこなせるのに人一倍飽きっぽく、ソフトボール、野球、剣道、水泳、陸上、サッカー、すべて半端なまま終わらせ、あっという間に高校もやめてしまっていつの間にか静岡の人間になってた。お前の人生面白すぎるだろ。
その行動力わたしにもくれ。

だらだら汗をかいて、このあとスーパーまで買い出しにいった。

rps20120924_181628.jpg

小さなころから野球が好きなんです。

rps20120924_181906.jpg

父のさいごの晩餐。
本人、わかっていたんだろうか、
「さいごの晩餐だなっ。」
と言いながら食べてた。ふしぎなもんである。

そのうち、ここのお寿司屋さんにもあいさつに行かないとな。

rps20121005_172304.jpg

焼酎をのむわたしと、焼酎をのむ弟。後ろにはインコ。
父もお医者さんからのお酒オッケーが出たから(もう手の施しようが無いということでしょう)ビールと焼酎をちょびちょびとのんでた。
改めて、酒のみ一家だなぁと。

ハルヒを父と弟に披露したら、父絶句。弟ドン引き。
他もろもろ思い出されるわたしのささやかな奇行のせいで、いくらか父の寿命が縮まってしまったのではないかと亡くなった今になっておもう・・。ごめんなさい。
お客さんの前で歯を磨いてごめんなさい。

この翌日弟が帰り、その夜から父の容体は急激に悪くなって、ごはんが食べられなくなった。
深夜、在宅ケアのお医者さんと看護師さんが来てくれた。
2012.10.08 Monday ... comments(0) / -
#ヤバくなってはないよ
母とふたりお酒飲みながらぼうっとテレビを見てて、ふいに吉幾三のCM(というかワークマン)が流れてすぐ、
私「あっ…。」
途中まできたところで、
母「さっくん…。」
私「あー…。」
むかしから吉幾三に似たさっくん(父)だったけど、作業着の幾三がとくにさっくんに似ててさみしくなった。

遺影のいい笑顔!
もう苦しくないんだねー、どこに居るんだかなー。

「幽霊でもいいのにねぇ。」
母がそんなことを言いはじめたのでだんだんどうしたらいいのかわからなくなってる。
(そんなふうになることは予想はしてたけど)
でもわたしもそう思ってる、幽霊でもいいのだ。

骨と遺影とお線香の置いてあるテーブルに夕御飯をお供えする母は、まるで生きたさっくんに接するように話し掛けたり笑ったりしてて、どうしたもんか。
わたしはわたしで帰宅したら「さっくんただいまー」と言うし、なんだかまだ居るみたいなんだもんな。
夜眠るときなんかはとくにそう。
昼間は昼間で、「ちょっとした旅行に行っている」感覚。
2012.10.03 Wednesday ... comments(0) / -
#福島→仙台
9/30
弟一家、我が家に宿泊中。

母も弟もわたしも疲労困憊ゲンナリー!!
やしかし、自宅っていいね。一息ついたらまた泣くっていう。いつまで気張ってりゃいいんだかね。
2012.10.01 Monday ... comments(0) / -
#わたしの父、さっくん
父が亡くなりました。16:20

母、わたし、父の姉の3人で危篤の父の手を握ったり、肩のあたりをさすったりして、看取ることができてよかった。
急に悪くなってしまったから弟が間に合わなかったのがこころ残り。お医者さんも看護師さんもいなくて(帰ってからあっという間に亡くなってしまった)、父からすると、嫁、娘、姉の3人。

さっくんお疲れさま。
長いあいだありがとうございました。生きてるうちに嫁に行けなくてごめんね。それ以前に、ずっと出来損ないでごめん。
わたしも母もしばらく泣いてばかりになるとおもうけど、ちゃんと笑えるように、楽しいこと見つけて頑張るね。

往診に来てくれてたお医者さん、看護師さん、薬局のひとやダスキンのひと(トイレやベッドの設置)、お世話になりました。ありがとうございます。


おもうことは山ほどあるなー・・。
天然ユーモア、とにかくおもしろい自慢の父です。
さっくんの子供で嬉しいなぁー。って、伝わってたのかな。

やっと楽になれたからか、なぜか死に顔が笑ってて、すごくしあわせそうなんだ。

そっちで、マラソンして、大好きな温泉に入って、そしてまた大好きなお酒いっぱいのんでおいしいお魚食べて、散歩散策に精を出してね。
そのへんのお花取ってきちゃダメだよ。

江國香織の詩じゃないけど、わたしも母もいずれそっちにいきます。
それまで、「あやこ………まだバカやってんのか…(℃_゜)」と呆れつつ、わたしだけじゃなく家族を見守っててください。

ありがとうございました。
言えたことなかったけど、大好きだし尊敬しているし、さっくんからたくさん元気をもらっていました。
うん。
母と支え合いながら頑張るから、安心してね。って、できねーよな!
でも、わたしたちなりに、ゆっくりでも前に進むからさ。

さっくん大好き。
母も弟も叔母も、さっくん大好きだったんだぞ!
2012.09.28 Friday ... comments(0) / -
#父のこと
父の意識はもうほとんどなくて、呼吸に合わせていびきの代わりに情けないうめき声をだしてる。
わたしと母は泣きながら話し掛けたり手を握ったり。
しめっぽいふたりにそんなことされてもな!って父なら言いそうだけど、最後ぐらいいいじゃないか。

夕方叔母が、0:00ごろ弟がやってくる。
2012.09.27 Thursday ... comments(0) / -
#夜メモ
寝てるあいだに看護師さんが来てて看護師さんの話し声でおきた。
0:40

父、吐き気で目がさめるが、またスゥーっと眠ってしまうの繰り返し。朝トイレに行ったっきり。点滴してるわけではないから栄養摂れてない。一口水飲むだけで気持ち悪いらしく、水分すら摂れてない。おなかの張りがひどくなってる。

このままだと母倒れるの時間の問題じゃねーか。寝てないしろくに食ってないしあの心労はわたしには計り知れない。
家族のわたしですらできることがほとんど無い。
2012.09.27 Thursday ... comments(0) / -
#メモ
rps20120926_165415.jpg
父、起き上がれない。吐き気、痛み。モルヒネ投与しはじめる。急に意識が遠のいて眠ってることが多くなった。トイレに行くのも困難。朦朧。

看護師さんとお医者さんが3時間ほど居てくれた。
父のお姉さんが今夜泊まってくれる。
わたし、昼夕買い出し。
2012.09.26 Wednesday ... comments(0) / -
#弟
とくべつ仲のいい姉弟ではないし、遠く離れて住んでるけど、弟がいてほんとうによかったとおもう。
4年ぶりかなぁ?4人家族揃って夜ごはんを食べた。たぶん、今夜のそれが最後になる。

かなしくてかなしくて内臓が潰れそうになるし、泣いても泣いても涙は止まらないけど、のこされる者たちはただ前に向かって進んでいくしか手段はない。

弟も、母もわたしも、おそらく父も不安でいっぱいだったはずなのに、今夜はたくさん笑った。
父が笑った顔、ひさしぶりに見た。
2012.09.24 Monday ... comments(0) / -
| 1/4 | >>